NUARL

PRODUCT

BACK TO STAGEとは

ナチュラルな心地、ニュートラルな存在―『NUARL』の製品が、使う人の日常に自然に馴染むことを目指しているように、私たちは音楽と音楽を愛する人々がいつも自然に寄り添って暮らしていける日常を願っています。


新型コロナ禍の影響により音楽業界は未曾有の大打撃を受けました。ライブを積極的に行っていたミュージシャン達が活動を自粛し、多くの人々が好きな音楽をリアルな場で楽しむというこれまでは当たり前であった機会が失われてきました。その一方でミュージシャン達自身によるライブ配信やSNSを通じた楽曲コラボレーションなど新しい取り組みも行われ「音楽の持つ力」を深く実感することになったのも事実です。


そんな中で私たちにも何かできることはないか?ということを考え続けていました。再び生の音楽に熱狂できる日常とその喜びを想い出して欲しい。まだまだ多くの人が生演奏を聴きに集うことが厳しいこの状況の中でも、頑張るミュージシャンを応援する一つのカタチとして導き出したのが「BACK TO STAGE」です。


今まさにシーンを牽引するミュージシャン達がファンの前に帰ってくる。そのライブをより多くの人に聴いてもらえる機会づくり。そしてその原点、起源をも知ってもらうことでファンを増やしていく手助けになれるよう…


NUARLは「BACK TO STAGE」を通して、ミュージシャンとそのファンを応援します。

伊東真紀

ジャズとポップスのクロスオーバーを唄うシンガーソングライター。のびやかな高音が「アジアの賛美歌」と称されて一躍脚光を浴び、日本のみならず、アメリカ、フランス、ベルギーでリリース。アマゾンランキングは3週連続トップ10入りを果たし、雑誌・“CDジャーナル”、“ジャズ批評”、“オーディオ・アクセサリー“、“NetAudio“、“マイオーディオライフ2018“からの高い評価を受けている。自身がオーディオ好きなので、コロナで人と会わない時間が増えている中、新たな時間の使い方を模索してもらう意味で”音楽をいい音”で楽しむことを提案しオーディオを紹介するYoutube番組、オーディオ女子によるオーディオチャンネル「Maki’s Audio Time」を行なっている。

アーティスト特集ページarrow
伊東真紀
  • ※ロゴ入りイヤホン期間限定販売中

I Don't Like Mondays.

キャッチーなメロディラインとセクシーなサウンド、英語を巧みに織り交ぜたニヒルな歌詞が組み合わさり海外の雰囲気を感じさせる楽曲を生み出す4人組ロックバンド。全楽曲において彼らが作詞・作曲・アレンジを手掛け、ジャケット、MUSIC VIDEOも自らディレクションを行っている。2021年8月に4枚目となるフルアルバム「Black Humor」をリリースし、16都市24公演を廻る「Black Humor Tour」を開催。TVアニメ「ONE PIECE」主題歌「PAINT」- 2022年1月9日配信リリース

アーティスト特集ページarrow
I Don't Like Mondays.
  • ※スペシャルインタビュー公開中

B-Loved

Buddy、ROVIN、Kick a Show、Sam is Ohmによる3MC & DJコレクティブ・ユニット。 Sam is Ohmが手掛けるSOUL/DISCO/R&Bなどのダンスミュージックを昇華させたトラックにBuddy & ROVINによるリズミカルなラップとKick a Showによるエモーショナルな歌が融合すると、エッジの効いたHIPHOPでありながらポップさとどこか懐かしさを感じられるサウンドに。「夏休みに集まって遊ぶような感覚」や「部活感」をモットーに活動中。2021年5月より積極的にリリースを予定している。They are so cool.。

アーティスト特集ページarrow
B-Loved

yonige

大阪寝屋川出身。2013年結成。牛丸ありさ(Vo&Gt)、ごっきん(Ba&Cho)の2人からなるバンド。2021年8月に最新EPとなる「三千世界」をリリース。

アーティスト特集ページarrow
yonige
  • ※スペシャルインタビュー公開中

リーガルリリー

東京都出身。Vo.Gt.たかはしほのか、Dr.ゆきやま、Ba.海からなるバンド。高校在学時より注目を集め、国内大型フェスや海外でのライブ出演も果たす。2019年にはアメリカ合衆国で開催された「SXSW 2019」へ出演し、同年に行った中国ツアーも全公演SOLD OUT。2021年4月には1st EP「the World」を、8月には配信シングル「風にとどけ」をリリース。轟音の中から深く問いかけるような歌詞と、衝動的なライブパフォーマンスを武器に、同世代のロックシーンの中で異彩を放っている。

アーティスト特集ページarrow
リーガルリリー
  • ※スペシャルインタビュー公開中

サニーデイ・サービス

曽我部恵一(Vo./Gt.)、田中貴(Ba./Cho.)、大工原幹雄(Dr.) 1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。フォーク、ネオアコからヒップホップまでを内包した新しい日本語のロックは、シーンに衝撃を与えた。現在までに13枚のアルバムをリリース。どの作品もバンド像を更新し続ける創造性/革新性に満ち、普遍的メロディと言葉に溢れる。今日に至るまで、国内外で揺るぎない支持を集め続ける。

アーティスト特集ページarrow
サニーデイ・サービス
  • ※スペシャルインタビュー公開中

オレンジスパイニクラブ

茨城県北茨城市出身の4人組ロックバンド。2012年福島県いわき市を拠点に活動開始し、2020年1月1st miniアルバム「イラつくときはいつだって」リリース。収録曲の『キンモクセイ』はSNSを中心に話題となり、音楽配信サービスの総再生回数は1.5億回を超える。同年、11月に2ndmini アルバム「非日常」リリース。2021年10月にはメジャー1stフルアルバム「アンメジャラブル」をリリースし、全国15ヵ所でツアーも開催。

アーティスト特集ページarrow
オレンジスパイニクラブ
  • ※スペシャルインタビュー公開中

川嶋あい

シンガーソングライターの草分け的な存在である川嶋あい。2003年にI WiSHのaiとして人気番組の主題歌「明日への扉」でデビュー。2006年からは本格的にソロ活動をスタート。代表曲の「旅立ちの日に・・・」は卒業ソングの定番曲として知られ、卒業式シーズンにはサプライズライブも実施している。2021年3月に「どうにか今日まで生きてきた feat. 藤巻亮太」をデジタルリリース。8月20日には2年ぶりとなるワンマンライブ「Ai Kawashima LIVE 2021 “Welcome”」を開催。

アーティスト特集ページarrow
川嶋あい
  • ※スペシャルインタビュー公開中

ホフディラン

日本が誇る2ピースPOPグループ。1996年「スマイル」で デビュー。1998年にはFUJI ROCK FESTIVALへの参加、日本武道館でのワンマンライブを成功させる。「遠距離恋愛は続く」「欲望」「極楽はどこだ」などお馴染みの曲は多数。約3年半の活動休止後、2006年9月に活動再開。 そして25周年を迎える2021年7月3日に東京・渋谷CLUB QUATTROにて記念ライブ「ホフディランですよ!スマイル スマイル またスマイル」を開催!

アーティスト特集ページarrow
ホフディラン
  • ※スペシャルインタビュー公開中

小池貞利(teto)

「teto」のボーカル・ギター。2016年にtetoを結成。同バンドの全ての作詞、作曲を担当。8月4日に1年10か月ぶりとなるサードアルバム「愛と例話」をリリース予定。中断していた47都道府県ツアー「日ノ出行脚」を8月28日 名古屋CLUB QUATTROより再開。

アーティスト特集ページarrow
小池貞利(teto)
  • ※スペシャルインタビュー公開中

柴田聡子

1986年札幌市生まれ。シンガー・ソングライター。恩師の助言により2010年より音楽活動を開始。最新作『がんばれ!メロディー』まで、5枚のオリジナルアルバムをリリースしている。2016年に上梓した初の詩集『さばーく』でエルスール財団新人賞現代詩部門受賞。文芸誌への寄稿や連載も多く、歌詞にとどまらない独特な言葉の力が注目を集めている。詞曲の提供はもちろん、映画『ほったまるびより』、ドラマ『許さないという暴力について考えろ』への出演や、2020年7月にリリースした4曲入りEP『スロー · イン』収録曲「どうして」のミュージックビデオの撮影 · 編集を含めた完全単独制作など、その表現は形態を選ばない。2021年6月16日、『がんばれ!メロディー』アナログ盤を発売した。

アーティスト特集ページarrow
柴田聡子
  • ※スペシャルインタビュー公開中

古舘佑太郎

2017年、バンド「2」(ツー)を結成し、ボーカル・ギターを担当。 音楽活動の一方、NHK連続ドラマ小説「ひよっこ」に出演、映画「いちごの唄」では主演を務め、役者としても活動。

アーティスト特集ページarrow
Furutachi
  • ※スペシャルインタビュー公開中

松本素生(going under ground)

ロックバンド「GOING UNDER GROUND」のボーカル・ギター。埼玉県桶川市出身、血液型A型。同バンドの楽曲の多くを作詞・作曲するほか、THE COLLECTORS、KinKi Kids、V6、藤井フミヤ、中村雅俊、松たか子、MEG、メロン記念日、ベイビーレイズ、amiinAなど幅広いアーティストに楽曲提供(一部作詞のみ)を行うなど、日本の音楽シーンで精力的に活動中。

アーティスト特集ページarrow
Matsumoto
  • ※スペシャルインタビュー公開中

ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。2021年3月にアルバム「Ⅵ」をリリース。国内のほか、インドネシア、中国、台湾、韓国、タイ、アメリカなど海外へもツアーを行い、活動の場を広げている。オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表。そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしている。

アーティスト特集ページarrow
mitsumeband
  • ※スペシャルインタビュー公開中

牛丸ありさ(yonige)

大阪府寝屋川市出身。ごっきん(Ba&Cho)との2人からなる日本語ロックバンド「yonige」のVo&Gt。10~20代を中心に口コミとSNSで大きな支持を広げ、YouTubeでもMV「アボカド」の再生回数が300万回を突破、同世代から大きな注目を集める。

アーティスト特集ページarrow
牛丸ありさ
  • ※スペシャルインタビュー公開中

The Songbards

2017年3月に兵庫県神戸市で結成された4人組ロックバンド。UKロックに影響を受けたツインギター&ヴォーカルと、息の合ったコーラスワークが特徴。メンバー(L→R):柴田淳史(Ba.Cho.)上野皓平(Vo.Gt.)岩田栄秀(Dr.Cho)松原有志(Gt.Vo.)

アーティスト特集ページarrow
The Songbards
  • ※スペシャルインタビュー公開中